DWEN ウーマン・オン・ザ・ライズ

DWEN - Dell Womens Entrepreneur Network Logo

Woman on the Rise


インスピレーションを見つけて、スケールする他の DWEN メンバーと新しいつながりを作りましょう

それはあなたの瞬間です それを所有する。

人気急上昇中の女性に会い、インスピレーションを与えるつながりを見つけましょう

DWEN ウーマン・オン・ザ・ライズ

Woman on the Rise は、DWEN メンバーと、彼らがコミュニティに与えている影響に焦点を当てたプログラムです。起業家としての道のりと起業家としての人生をナビゲートするための最良のアドバイスについて読むために取り上げられた女性を必ず調べてください.

April 2024

Teresa Ging is CEO & Founder of Sugar Bliss and has a Bachelor’s degree from the University of Chicago in Economics and Statistics and a Patisserie Certificate from Le Cordon Bleu. She has also received numerous awards including the NAWBO Corporate Women Achievement, BMO Harris Celebrating Women, and has been invited by President Obama to attend the signing of the White House Council on Women & Girls. She is a Board Member of the Asian American Chamber of Commerce of Illinois and the Chicagoland Chamber of Commerce SBDC.

Sugar Bliss is a woman minority-owned retail store and baked goods company headquartered in Downtown Chicago. Since 2007, Sugar Bliss has been offering catering services, corporate gifts, and a variety of baked goods including cupcakes, cake pops, French macarons, brownies, cookies, and more. Sugar Bliss also offers gluten-free and vegan baked goods and delivers and ships nationwide and worldwide.

Here's a little bit about Eunice

Eunice Baguma Ball is the Co-founder and Head of Operations at Ishango.ai, a social enterprise that develops AI and data solutions for companies globally whilst creating opportunities for data science talent in Africa. Eunice is a social innovation specialist who has spent the last 15 years working at the intersection of technology, gender and entrepreneurship in the UK and across Africa. Prior to setting up Ishango, she was a programme manager at Google where she helped establish #IamRemarkable, a global initiative aimed at boosting the career progression of women and under-represented groups within the technology sector and beyond. She also founded ATBN, the UK’s first tech community and consultancy connecting the UK and Africa tech ecosystems. At ATBN, she led various entrepreneurship and digital inclusion programmes with funding from Innovate UK, GCRF, Comic Relief and the EU. Eunice is a passionate advocate for diversity and inclusion in tech and the author of Founding Women, a book showcasing the inspiring entrepreneurship journeys of 20 African women in tech. She holds a Masters in Social Innovation from the University of Cambridge, Judge Business School where she currently serves as a Social Innovation Fellow of Practice.

Alliさんの簡単な紹介

Alli BriarisさんはDrinks Kitchen Non-Alcoholic Aperitifの創業者です。Alliさんのミッションは、より明晰で活力あふれる毎日を送れるよう、マインドフルなお酒の飲み方、飲酒の頻度を減らすというトレンドを推進することです。Alliさんは27年以上にわたってワインと飲料の貿易に携わってきましたが、偶然にも自分の町に新しい飲食物開発センター(FoodWorks SW)がオープンした時、これは運命に違いないと感じました。そこでAlliさんは、複雑で興味深い味を楽しめる、ノンアルコール飲料のレシピを作り始めました。 2021年6月に主要なレシピであるOrange Cinchona(ビターでウッディーな味)、Spiced Rhubarb(フルーティーで暖かい味)、Herb Verde(フレッシュで力強い味)を、 2023年にはGrapefruit Piqante(ピリッとした味)を発売しました。イギリスのノンアルコール飲料市場は2028年までに72%拡大する見込みです。4人に1人の若者が飲酒しない、という調査結果も踏まえると、今後の流れが変わることは間違いありません。 Alliさんのビジネスはまだ立ち上げたばかりですが前年比プラス36%の成長を遂げており、オンライン販売も2024年1月中には215%の成長を達成しました。

Here's a little bit about Anna

Anna Jordan is Co-Founder & CEO at Alchera Technologies, an AI start-up building software and machine learning to power data-driven infrastructure. Focused on sustainable highways & smart cities, Alchera specialises in helping operators of transport networks to be more efficient and productive, using real-world data in real-time. Alchera is working to unlock a future where we can fine tune our mobility infrastructure to adapt and respond to our society's needs, connecting individuals, businesses and communities. Underpinned by years of expertise in working in the mobility sector, Alchera's software and advanced machine learning models save organisations millions of dollars annually in operational efficiencies. With blue chip customers including Europe's busiest highway and partners with major global engineering firms, Alchera's software unlocks data-driven decision making for the transport infrastructure sector in the UK and internationally. Anna has operational experience scaling applied machine learning & AI SMEs in complex industry from Bio & HealthTech to big infrastructure, delivering work with national & local institutions, innovators and local & international businesses. Anna has an MSc in Physics from Imperial College London, and spent time working as a graphene physics PhD researcher in France before co-founding Alchera to tackle global challenges in transport operations.

ここでアンバーについて少し説明します

Double A Labs の CEO 兼創設者である Amber Allen は、革新的なビデオ チャット プラットフォームでビジネス コミュニケーションに革命を起こしています。このプラットフォームは、リモート作業環境とオフィス内の作業環境の間のギャップを効果的に橋渡しし、効率的で魅力的な仮想体験を促進します。 Double A Labs の顧客には、Dell、AT&T、IBM、Google、Whole Foods、および Cleveland Cavaliers が含まれます。アンバーのキャリアは、ディズニー、ワーナー ブラザース、ライオット ゲームでのグローバル マーケティングと販売の役割から始まり、そこで初の e スポーツ アリーナ イベントを監督しました。 Double A Labs の設立以来、Amber は人気の Friends TV 番組アプリ (100 万ダウンロード以上) を作成し、「レディ プレイヤー 1」から HTC Vive や Magic Leap の画期的な発表に至るまで、大規模なイベントを企画しました。アンバーは起業家としての努力以外にも、テキサス大学のゲーム開発およびデザイン プログラム、ファッション工科大学 (FIT)、雷電科学財団、児童保護センターの理事として積極的に貢献しています。彼女は、若手大統領組織のためのテクノロジー ネットワーク (YPO) の会長を務めています。

マリッツァについて少しご紹介します

Pisqueya は、女性が経営する初代のラテン系アメリカ人の食品会社です。ラテンの文化と伝統を称えるソースと調味料のプレミアム ラインです。ピスケヤという名前は、マリッツァの先祖と彼らの自然な調理法に敬意を表しています。世界の食品市場におけるヒスパニック系カリブ海諸国の代表のギャップからインスピレーションを得た、家庭の味を体現したフレーバーです。当社のクリーン ラベル ブランドは、家族、伝統、そしてラテンアメリカのさまざまな地域であるカリブ海地域のおいしい味を共有するという取り組みに根ざしています。このようにして、私たちは食という世界共通言語を通じて、アメリカの豊かな風味を拡張することで、インクルージョンを実践しています。

ここでジェニーについて少し

ジェニーは、ロサンゼルスを拠点とする建築事務所オイラー・ウー・コラボレーティブの創設者兼代表です。同社は、小規模な都市活性化から大規模なインフラプロジェクトに至るまで、複数の規模とプロジェクトタイプにわたる革新的なデザインで知られています。ジェニーは、建築環境の典型的なビジョンに挑戦する、批判的で厳格な意図を持って建築に取り組みます。彼女は最近、2021年のアメリカ芸術文学アカデミー賞を受賞しました。建築活動に加えて、彼女は 2014 年に 3D プリント ファイン ジュエリーのラインである LACE by Jenny Wu を設立しました。2014 年の立ち上げ以来、LACE はジュエリー業界のリーダーとして躍進し、独自のステートメント作品を生み出してきました。デザイン、製造、素材の品質。 LACE は、高いデザイン性、革新性、持続可能性を取り入れ、ジュエリー ブランドのビジネス モデルを変革しました。ビジネスのあらゆる側面にテクノロジーを組み込むことで、LACE は非常に複雑で正確なデザイナーの作品を手頃な価格で入手できるようにしました。彼女の象徴的なデザインであるカテナ ネックレスは、最近ロサンゼルス郡立美術館の常設コレクションとして収蔵されました。ジェニーは、ポルシェとドウェル マガジンの「Powered by Design」シリーズで 4 人のデザイン ビジョナリーの 1 人に選ばれ、3D プリントにおける彼女の先駆的な仕事を紹介しました。

ここでマリアについて少しお話します

マリア・ホセ・パラシオは、コミュニティに力を与えることに揺るぎない情熱を持つ、先見の明のあるコロンビアの 5 代目コーヒー農家です。コロンビアの有名なコーヒー地域で生まれ育ったマリアは、2016 年に心底彼女のルーツに戻るまで、ニューヨーク市で数年間デザインの仕事をしていました。コロンビアでコーヒー栽培で生計を立てようとしている彼女の愛する人たちの奮闘を目の当たりにしました。 , マリアさんは、プロジェニー コーヒーを共同設立することで行動を起こさなければならないと感じていました。他者を高揚させることに熱心に取り組むマリアは、中小企業の数多くの障害を乗り越え、コーヒー農家に力を与え、貧困から抜け出すのに役立つ、繁栄する流通プラットフォームを共同開発しました。マリアの使命の中心には、教育と起業家精神がこれらのコミュニティの成功に不可欠であるという信念があります。マリアは、教育と起業家精神への献身を通じて、世界中のコミュニティにインスピレーションを与え、高揚させ続ける素晴らしい遺産を築き上げてきました。 Instagram と LinkedIn で Maria をフォローして、彼女の仕事とつながりを保ちましょう。 

ここでダニエルについて少し説明します

ダニエル・ボイヤーさんは 22 歳の先住民族 (オジブワ人) のロボット工学発明者であり、10 歳の頃から子供たちを教えている青少年の擁護者です。家族自身が科学技術教育を受ける余裕がないことを理由に、彼女は教育を利用しやすく、地域社会を代表して子供たちを取り残さないようにすることに情熱を注いでいます。ダニエルは、設計、製造し、無料で配布するロボットを使って、先住民族の若者のための公平で革新的な学習ソリューションを作成しています。 2019 年、彼女はマイノリティと若者主導の慈善団体 The STEAM Connection を設立し、80 万人以上の子供たちに言語の活性化に重点を置いた技術教育を提供してきました。 STEAM コネクションは未来に焦点を当てており、パーソナルおよびウェアラブル ロボット工学、人工知能システム、拡張現実による教育の新時代の到来をもたらします。ダニエルは、PEOPLE MagazineのGirls Changing the World、MIT Solve Indigenous Communities Fellow、L'oreal Paris Woman of Worth、Teen Vogue Indigenous Youth Changemaker、そしてVerizon Forward for Good Winnerの1人に選ばれています。彼女は MTV とともにホワイトハウスに 2 度招待されており、3 人の女性イノベーターに関する受賞歴のあるドキュメンタリー シリーズ、MIT Solve x HP による The Big Idea で特集記事として取り上げられています。 「先住民ロボット工学」は彼女の人生を1年間追跡し、MIT博物館で初公開されました。現在映画祭などで上映中。ダニエルは南カリフォルニアとミシガンの間に住んでいます。

ここでモニカについて少し

モニカ・サニーは、インドのさまざまな地域からインスピレーションを得たルーズリーフ・チャイ・ブレンドとチャイ濃縮物を専門とする、倫理的で持続可能な実践を用いた少量生産の紅茶会社であるチャイ・ボックスのCEO兼創設者です。インド人の家庭で育ったモニカにとって、チャイは常に文化と伝統の一部であり、チャイへの愛を 3 人の息子たちと分かち合いたいと思ったときにのみ彼女のチャイへの情熱は高まり、2016 年のチャイ ボックスの創設につながりました。彼女のキッチンで情熱を持って始めたプロジェクトは、2021 年現在、オプラのお気に入りの 1 つに成長しました。Chai Box の目標は、最初から最後まで倫理的なビジネス プロセスを実装することです。インドのケーララ州で持続可能な農業を実践している小規模農家からスパイスを調達しています。これらの農民、特に女性はコミュニティの発展において重要な役割を果たしています。また、チャイ生産時に残った腐葉土を堆肥化し、最小限の生分解性パッケージを使用することで、持続可能性を優先しています。チャイボックスの使命は、本格的なチャイの愛を皆様のご家庭に広めることです。

Amyさんの簡単な紹介

Amy Rowland氏は、過去31年間にわたるキャリアを環境コンサルティングに捧げてきたリーダーです。米国全土の主要な公益事業のエネルギーやインフラに関するプロジェクトに重点的に取り組んできました。同氏は、Pangea BiologicalのCEO兼社長を務めており、環境コンプライアンス、施工性検討、雨水管理、天然資源、文化資源、研修、計画立案、サステナビリティ、GISマッピングおよび分析、認可など包括的なサービスを提供しています。保護事業に対するRowland氏の情熱は、野鳥観察を愛する祖母から受けた刺激に端を発します。Pangeaは、同氏の革新的なリーダーシップのもと、San Diego Gas & ElectricのTop 100 Supplier、Women's Business Enterprise Council WestのWBE of the Year、ロサンゼルス市水道電力局のSmall Business Enterprise/Women-Owned Business Enterprise Contractor of the Yearに選出されました。同氏は、建設分野における優れた経歴と、エネルギーやインフラ関連の難しいプロジェクトにおける規制戦略に関する専門知識を活かし、環境資源を保護しつつ、プロジェクトを確実に成功に導きます。

Gayathriさんの簡単な紹介

Gayathri Thakoor は、Learn Through Stories (LeTS) Foundation の共同創設者兼 CEO です。 25 年にわたるキャリアグラフで出版作家、マネージャー、起業家として活躍してきた彼女の、ストーリーを共有するニュース ジャーナリストとしての役割がすべての基盤を形成しました。その後、彼女は子供向けの文学を開発し、絵本やデジタル メディアに登場する著作権で保護されたアニメーション キャラクターを作成する企業を共同設立しました。その後、彼女は IIT ボンベイのタタ テクノロジー アンド デザイン センターを率い、これが彼女を、現在彼女が率いている非営利企業の設立につながった起源であるストーリーを通じて英語を学ぶ研究プロジェクトに近づけました。ガヤスリさんは、ブログ「Affectionately G」の日記や手紙を通じて、読者との連絡を取り続けています。教育学と経営学の 2 つの大学院学位と、経済学の大学院学位を取得したガヤスリさんは、認定図書館教育者でもあります。

Catherineさんの簡単な紹介

Udyawar氏は17年以上にわたり、データサイエンスの専門家として部門の垣根を超えたさまざまなテクニカル チームと連携し、先進的なデータサイエンス プロジェクトに従事してきました。同氏がキャリアをスタートさせたのは、インドにあるTata Motorsの車両保証データ分析部門でした。その後、ベンチャー ビジネスの立ち上げに向けて経験を積むべく、さまざまな領域のプロジェクトに参加しました。知的で革新的な考えを持つ同氏は、米国で応用統計学の修士号を取得したのち、米国のFord Creditでマーケティング分析とクレジット リスク モデリングに従事しました。Udyawar氏は、複数業界にわたるトランスフォーメーション イニシアチブの推進と、自身が全面的な説明責任を負う分析プロジェクトの遂行において、力強いリーダーシップを発揮してきました。同氏が率いる新時代のテクノロジー スタートアップであるOptimum Data Analytics (ODA)は、人工知能、機械学習、インダストリー4.0、ビジネス分析などの分野において、テクノロジー イノベーションの最前線に立つ企業です。ODAの主力製品であるBinduは、視覚障害者向けのウェアラブル支援デバイスであり、国内外で評価を受けています。ODAにおけるUdyawar氏の役割は、顧客関係管理、デリバリー エクセレンス、品質、人材管理、リーダーシップ能力開発の各領域において、会社全体にわたる重要なイノベーション、プロセス、システムの継続的な更新を推進、監督することです。Udyawar氏は、次世代テクノロジーに対して、またそれを競争優位性と事業のために活用することに対して熱意を持っており、先端テクノロジーに関するODAの実行計画を推進しています。

Rutujaさんの簡単な紹介

Rutuja は 17 年以上のデータ サイエンスの専門知識を持ち、さまざまな部門横断的な技術チームと連携して高度なデータ サイエンス プロジェクトを実施してきた実績があります。彼女はインドの TATA Motors で自動車保証データ分析の分野でキャリアをスタートしました。その後、ルトゥジャは経験を積んで自分のベンチャーを立ち上げるというビジョンを持って、さまざまな分野のプロジェクトに移りました。独特の明晰な頭脳を持つ破壊的なイノベーターである彼女は、米国で応用統計学の修士号を取得することを選択し、その後米国フォード クレジット社でマーケティング分析と信用リスク モデリングの分野で働きました。彼女は、複数の業界にわたる変革の取り組みを推進し、エンドツーエンドの責任を負ったアナリティクス プロジェクトの成功において強力なリーダーシップを発揮してきました。彼女のリーダーシップの下、新時代のテクノロジー スタートアップである Optimum Data Analytics (ODA) は、人工知能、機械学習、インダストリー 4.0、ビジネス分析における技術革新の最前線に立つ。 ODA の主力製品である Bindu は、視覚障害者向けのウェアラブル支援装置であり、国家レベルだけでなく世界レベルでも認知されています。 ODA では、Rutuja は顧客関係管理、卓越したデリバリー、品質、人材管理、リーダーシップ開発において、全社にわたる主要なイノベーション、プロセス、システムの継続的な更新を推進し、監督しています。次世代テクノロジーに熱心で、それを競争上の優位性と事業のために活用するルトゥジャは、ODA の新興テクノロジー アジェンダを推進しています。

Micheleさんの簡単な紹介

Michele Heyward氏はPositiveHireの創業者です。同社は、ラテン系、黒人、先住民の経験豊かなSTEMプロフェッショナルである女性が管理職に採用され、定着するよう支援するテクノロジー企業です。Heyward氏が開発したソフトウェアは、このような女性がキャリア アップにつながる最適な雇用主を見つけるために役立っています。その結果として、雇用主も多様性に富んだSTEM人材を長期間にわたり維持できるのです。Heyward氏は、クレムソン大学で土木工学の理学士号と産業経営の理学修士号を取得しているほか、エネルギー セクターで建設プロジェクト マネージャーとしての経験も積んでおり、豊富な技術的知識と経験を活かしてPositiveHireのCEOとしての職務に従事しています。同氏は、今よりも公平でインクルーシブな労働環境を作りたいという情熱をあらゆる活動において明確に表現しており、STEMの世界にプラスの影響をもたらすべく取り組んでいます。

ここでアイシャットについて少し説明します

アイシャット・アデニジは、サハラ以南のアフリカにおける医療用酸素の流通に変革をもたらす企業、HealthPort の CEO/共同創設者です。彼女は臨床医であり、フォーチュン 100 企業で 15 年以上直接患者ケアに携わり、初期から中期の米国/世界のヘルステック スタートアップと協力した経験があります。さらに、アイシャは 2022 年の MIT ソルバーであり、ユニセフ イノベーション ラボなど、ナイジェリアでソリューションを導入している複数の世界的医療企業とコンサルティングを行っています。ナイジェリアで育ち、米国とナイジェリアで臨床医として働いていることから、証拠とベストプラクティスに基づいて現地に適したソリューションを導入する際の独特のダイナミクスが浮き彫りになっています。DWEN 女性起業家エコシステムの一員であることは、信じられないほどやりがいのあることです。そのおかげで、周囲に変化をもたらしている、情熱的でインスピレーションを与える多くの女性たちに出会うことができました。​

DWEN ウーマン オン ザ ライズとして取り上げられる。

ウーマン オブ ザ ウィークは、DWEN メンバーと、彼らがコミュニティに与えている影響に焦点を当てたプログラムです。起業家としての人生を歩むための彼女の最高のアドバイスを読んで、起業家の旅について読むために取り上げられた女性を必ず調べてください.

2022年の注目の女性

2021年の注目の女性

2020 注目の女性

日本語